これさえおさえれば完璧!スノーボードの選び方

まずは長さに注目しておきましょう

スノーボードを選ぶ際に、どれが良いのかわからないという人は、まず注目しておきたいのは長さです。
一般的には、自分の身長よりも約十五センチほど短いものを選ぶと良いと言われています。つまり身長が百七十センチの人は、百五十五センチのスノーボードが良いというわけです。ただし、これはあくまでも目安なので、乗り方によってはもっと長かったり短かったりしても構いません。
例えばスピードを出した時に安定感が欲しいなら、長いスノーボードにしておきましょう。反対にゆっくり滑りたいなら、短めのものが適していて、小回りがきくのでコントロールがしやすくなります。そのため初心者なら後者のスノーボードにしておくのが無難かもしれません。そして慣れてくるにつれて、徐々に長くしていけば良いでしょう。

幅と硬さはどうするのか

スノーボードの一番くびれた場所をウエストなどと呼びますが、この幅はブーツよりも一センチほど広めのものにしておくのが基本です。なぜならつま先やかかとがスノーボードからはみ出た状態だと、ターンをした際に雪に引っかかります。転倒する程度なら良いですが、場合によってはつま先や足首を骨折してしまう可能性があるからです。
硬さに関しては、初心者の場合はできるだけ柔らかいものにしておくと扱いやすいです。
スノーボードの硬いや柔らかいの基準は、しなり具合を指す場合が多いです。そしてよくしなるスノーボードの方が、少ない力でターンやジャンプができるのです。
反対に硬いスノーボードは、しならせるためには力が必要な分、反発力が強いためキレの良いターンや高いジャンプができます。